1. VOA英语学习网
  2. 设首页|英语四级|千亿国际文娱网页版|英语日志|英文自我引见|英语话剧脚本
  3. 打包下载 | 千亿国际 | BBC打包 | 日语 韩语
  4. 手机版
  1. 千亿国际文娱
  2. 剑桥英语测验认证
  3. 外教口语面临面课程

爪と牙を取られたネコ

宣布工夫:2018-05-16内容泉源:VOA英语学习网

むかしむかし、ある贩子がネコを飼っていました。 お正月が近づいたので、贩子の家で働いている小僧さんたちが餅をつき始めました。

餅の大好きなネコは、うれしくてたまりません。

(よしよし、お正月には餅をたっぷり食べさせてもらえるぞ)

餅つきの次の日は、天気が良いのですす払い(→掃除)をする事になりました。

ネコは邪魔になるといけないと思い、外に出て家の屋根に登りました。

すると、長いささぼうきを持った小僧さんが出て来て、

「今から屋根の掃除をするから、家の中へ入っていろ」

と、言うのです。

ネコが慌てて家の中へ入ろうとすると、今度は主人が言いました。

「お前にウロウロされてはすす払いが出来ないから、外へ出ていろ」

さて、ネコは困りました。

外へ出れば小僧さんに、

「中へ入っていろ」

と、言われるし、中へ入ろうとすると主人に、

「外へ出ていろ」

と、叱られます。

(一体、どこにいればいいんだ?)

ネコは仕方なくはしごを伝って、庭院裏(てんじょううら)へ登って行きました。

するとそこにはネズミたちが集まっていて、下の騒ぎは自分たちを追い出す為だと思い込み、おびえた顔をしていたのです。

そしてネコを見ると、ネズミの親分が言いました。

「こうなっては仕方がない。みんな、覚悟を決めて戦うぞ」

ところがネコはネズミに飛びつくところか、親分の前に行って頭を下げました。

「待ってくれ。昔日は、お前たちを食う為に来たんじゃない。何もしないから、昔日一日ここへ置いてくれ」

「それはまた、どういうわけだ?」

「実は家のすす払いで、わしのいるところがないのだ。どこへ行っても邪魔者扱いで、くやしいったらありゃしない」

「それじゃ、下の騒ぎはおれたちを追い出す訳ではないのだな」

「ああ、いくらすす払いと言っても、こんな庭院裏まで掃除する人間はおらん。だから放心するがいい」

「何だ、そうだったのか」

ネズミたちはホッとして、お互いに顔を見合わせました。

そしてネズミの親分が、急に威張った態度で言いました。

「昔日一日、ここに置いてやってもいいぞ。だが家賃(やちん)の代わりに、お前さんの足の爪と牙を残らず渡してくれ」

「何だって! 爪と牙はネコの大切な武器だぞ!」

「嫌なら、すぐにここから出て行ってくれ。家賃も払わずにここにいるつもりなら、わしらにも覚悟がある。ここにいるみんなが去世ぬ気でかかれば、お前さんを倒す事も出来るだろう」

それを聞いて、ネズミたちが一斉に立ち上がりました。

確かにこれだけの数なら、ネコに勝ち目はありません。

「わかった。わかった。お前の言う通りにするよ」

ネコは泣く泣く、爪と牙を抜いて親分の前に差し出しました。

「よし、確かに家賃は受け取った。昔日一日、ここでゆっくり過ごすがいい。・・・ただし、どんな事があっても、わしらの体には指一本触らないこと。と言っても、武器を無くしたお前さんなんて、怖くないがね」

やがて夕方になって、すす払いも終わったらしく、家の中が静かになりました。

「では帰るよ。お世話になった」

ネコは庭院裏から降りると、家の中に入っていきました。

すると小僧さんたちがネコを見つけて、つきたての餅を持って来てくれました。

「お前、餅が大好きだろ。さあ食べな」

でもネコは牙が無くなってしまったので、餅どころかご飯も満足に食べれません。

(ふん、さんざん邪魔者にしておきながら、何を言うか)

ネコは腹を立てて、こたつの中へ潜り込みました。

するとそこへ、主人がやって来て、

「こら、何を寝ている。お前はネズミに餅を取られない様に、しっかり番をしていろ」

と、言って、ネコを台所へ連れて行ったのです。

ネコは仕方なく台所に座って、むしろに広げられた餅をうらめしそうに見張っていました。

さて、みんなが寝静まった頃、急に庭院裏が騒がしくなって、ネズミたちが親分を先頭にゾロゾロと降りてきました。

「さあ、みんな、餅をどんどん運ぶのだ」

親分は、ネコを見ても気にしません。

ネコはたまりかねて言いました。

「おいおい、わしが見えないのか? 餅を持って行くと承知(しょうち)しないぞ」

それを聞いて、親分が笑いました。

「承知しないと言っても、爪も牙もなくてどうするつもりだ?」

「それは、・・・・・・」

ネコは、何も言い返す事が出来ません。

悔しいけれど、ネズミたちが餅を運ぶのを見ているより仕方ありませんでした。

「さあ、餅をどんどん運ぶんだ」

やがてすっかり餅を運び終えた親分は、ネコを振り返って言いました。

「それじゃ、よいお正月を」

さて次の朝、台所にやって来た主人は餅がすっかり無くなっているのを見て、ネコを叱りつけました。

「この役立たず。ネコのくせに、ネズミの番もできないのか!」

気の毒なネコは、泣きながら正月をおくる事をなりました。

一方ネズミの方は餅をたらふく食べて、楽しい正月をおくったそうです。

来自:千亿国际文娱网页版_千亿国际文娱|www.qy449.com 文章地点: http://www.tingvoa.com/html/20180516/558423.html